CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Lumiere du Soleil

Vivre sa vie
0


    目覚めると


    外も中も物の形が判らない程度には暗くなっていた。



    床には見開きのまま本が落ちていて


    どのくらいこの姿勢のまま眠っていたのかと記憶をたどる






    灯りをつけて読みかけの数頁を遡ると


    見返しに無数の裂け目があった。






    僕の本を奪っては投げ、奪っては投げ・・・・・・






    出迎えなかったからってそんなに怒るかな


    いつも通り自分の家みたいに過ごしていればいいのにね







    それにしても・・・


    まさかジョルディがサリヴァンを殴るとは思わなかった。


    デリア姉さんとサリヴァンの婚約話から雲行きは怪しくなっていったけれど








    止める間もなく・・・ね。


    (殴られてもおかしくないような事は言っていたけど)






    その後のロバートの活躍でデリア姉さんとジョルディは思いが通じた訳だけど


    あんな真剣なジョルディは見たことがなかったから、

    弟として素直に祝福したい。







    一部始終を知らないまま、

    のびていたサリヴァンには申し訳ないと思うけど・・・







    「ごめん、サリヴァン。

    君だって僕の本を壊したんだから、お相子かな」





    左手で支えていた背表紙がはらりとくずれ落ちた。





     
     
    | 15:00 |