CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Lumiere du Soleil

<< 小姓のお勤め・帰還編 | main |
'O sole mio
0


    あの日以来、何ともそわそわした雰囲気が続いたソレイユだったけど、

    慌ただしい空気もようやくひと段落ついてきた。

    『嗚呼、素晴らしい朝ですねぇ…。』


    平和と幸せの空気が流れつづけていた日常。

    これがいつまでも続けば…、と、誰もが感じていたと思う。

    『やはり、私の人生にマルコという潤いがあるとないとでは』


    でも、僕たちは忘れていたんだ。
     
    『一日の始まりの気分からして違うものですねぇ…。』


    平和な日常に足らないもの。
     
    『さて、今日もまずはマルコの可愛い姿を眺めるとしますか…。』


    そう、長いことおつかいに行っていたマルコが帰って来たんだ。
     
    『マルコですって!!!?どこ、どこに居るんですかっ!?』


    ああっ、もう!うるさいですよベックフォードさん!!

    マルコがいない間はマルコ、マルコってうるさかったですけど、

    マルコが帰ってきたら帰ってきたでうるさいじゃないですか!!!

    マルコなら、朝から張り切って洗濯をしていますよ!!

    『へっ?フリッツ…、今、なんと?』


    洗濯です!!今ならちょうど、シーツ干しの手伝いでもしているんじゃないですか?
     
    『そうですか…。では、私も自分の仕事をしながら戻るのを待ちますかね…。』




    …ハァ。

    なんで僕がこんなことを…。



    お早うございます、フリッツです。

    未だ本調子ではないベックフォードさんの代わりに、僕が。

    まぁ…、あれも、禁断症状からの跳ね返りだと思うので、

    そろそろ、よくなってくる頃だと思うんですけどね…。



    変わったことと言えば、それだけじゃない。

    この度、デリアお嬢様と、ジョルディ様の婚約が正式に発表された。

    噂に聞いていたジョルディ様の婚約相手とは…、どう話が付いたのかだなんて、

    そんなの、一介の使用人である僕が気にかけることじゃない。

    何より重要で何より嬉しいのは、

    僕たちの「家族」がまた増えるってことと、皆が嬉しそうな顔をしていることだ。


    ジョルディ様がプロポーズをして、デリア様がそれを受けたって話を聞かされた時、

    たまたま隣にいたジェナに思いっきりハイタッチをされたんだ。

    すごく痛かったけど…、すごく喜んでた。


    『結婚だってさ!フリッツ!!やっぱいいよな、結婚って!!!幸せだよな!!!』


    うん。
    僕も…そう思う。
    | 15:00 |
    コメント
    コメントする